近年男を悩ませるEDは原因を究明することが治療の第一歩です!

EDの原因や症状

年齢に関係なく、若い人でも起こりうるEDですが、その原因や症状とはなんなのでしょうか?
それは年齢だけの問題ではありません。毎日の生活リズム・パターンが原因になっている可能性があります。

確かに、年齢を重ねるとEDになる可能性は高くなりますが、最近ではそれが年齢だけではないことがわかっています。
日々の生活で知らずしらずの内にストレスをため込んでいたり、生活のリズムが悪く、不規則な食事、また車通勤などで歩かないことによる運動不足であったり、付き合いや打ち上げなどによる連日のお酒の飲みすぎ、ほか喫煙など、これら毎日の生活のパターンが原因となっている可能性が高いのです。
また現在糖尿病を患わっている方、高血圧の方、生活習慣病の方は、さらにリスクが高くなります。

勃起不全のメカニズムとして、動脈のひろがりが不十分であると勃起不全になります。

まず、性的な刺激が脳からの信号によって、神経をとおして陰茎に伝わります。そして陰茎海綿体の動脈が大きくひろがり、そこに血液が流れこみます。
これが正常の勃起までの流れです。動脈の障害がある場合は、陰茎海綿体の動脈がうまくひろがりません。
よってそこに充分な血液が流れこまないため勃起が起こりません。
血液の量が少ないと満足な勃起力が得られない症状をもたらすこととなります。脂質異常症の方や、糖尿病・高血圧の方、ほか生活習慣病にかかっていると、EDになる可能性が高いのはこの為です。

ほか誰にでも起こりうるとして最も多いのが現実心因性の勃起不全です。
これは心理的なよういんで起こるもので、日常生活のちょっとした事でストレスになり、そのストレスが勃起不全を引き起こします。
たとえば、パートナーである女性に「役立たずな男ね」などと言われたことに反応し、その言葉の暴力や過去の思い出で勃起不全になったりもします。この場合は、カウンセリングであったり薬の服用によって簡単に治ることもあります。